外壁塗装のシミュレーションができる最高のツール・アプリ3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「10年ぶりに外壁塗装をするけど、せっかく家の色を変えてみたい!」
「新しい色にすると実際にはどんな色になるのだろうか?」

外壁塗装工事は一回の塗装で60万から150万円もする高額な工事です。現在と同じ色にするならば、必要ありませんが、色合いを変えてみたいという場合は、事前にシミュレーションを行えれば、イメージもしやすいですし、色選びに失敗する可能性も減るはずです。

カラーシュミレーションをご自身でも気軽に行える代表的なツール(アプリ)は3つあり、自宅の写真を取り込んで行う本格的なものから、スマホやアプリで行う手軽なものまで様々ですが、筆者が特におススメするのは「ハナコレクション」というツールです。

なぜなら自宅の写真取り込みから、直観的な操作ですぐにカラーシミュレーションすることができるからです。本日はイエカラーズで、営業を行っている筆者が、外壁塗装のシミュレーションについて詳しく解説いたします。

自分のPCやアプリで試せる!外壁塗装のシミュレーションツール3選

では、自分のPCやタブレットで気軽に試せる外壁塗装のシュミレーションツールを3つ紹介いたします。iPadで使えるアプリも紹介しますが、できればPCで試した方が、より実物に近い結果が得られるでしょう。

◆3つのツール(アプリ)の目次

ツール①「ハナコレクション(日本ペイント)」なら自宅写真が使える!【スマホNG】
ツール②「iColor Paint」はiPadで気軽にシュミレーションできるアプリ【iPadのみ】
ツール③「小林塗装のホームページ」は職場やスマホで気軽にシュミレーション可能!【スマホOK】

なお、より正確なシュミレーションを業者に無料で依頼することもできるので、その場合は、下記の弊社の自動チャットから相談してみてください。スマートフォンからでも気軽にアクセスできます。

ツール①「ハナコレクション(日本ペイント)」なら自宅写真が使える!

ハナコレクションは塗料メーカーの最大手の「日本ペイント」が提供するツールです。

ハナコレクション

そのため、もっとも使いやすく、無料ツールとは思えないほどのシミュレーションが可能です。また、シュミレーション結果を印刷することもできるので、事前に業者に提供する使い方もできます。

◆自宅の写真を取り込んでシミュレーション

上記の図を見てもらうと、わかるとおり、日本ペイントがインターネットで無料提供しているツールは、このように実際の写真を取り込んで、カラーシミュレーションを行うことが可能なツールです。

また、家の写真が手元にないという方も、家のサンプルがあるので、自分の家と形が似ている家で近い色をシミュレーションを行うことが可能になっています。

◆住宅の形で自宅に近いモノを探してシミュレーション

しかも、色を全部自分で調べるというよりも、

「シンプルですっきり」
「ナチュラルであたたかみのある」
「カジュアルで明るい」
「クラシックで重厚な」

という雰囲気の選択肢から選ぶだけなので、迷うことがありませんし、多少のカスタマイズをするこもできます。色に関して知識がなくとも、最短1分でカラーシュミレーションを行うことができます。

その他にも、ご自身のライフスタイルを診断して、そこから最適なカラーをシミュレーションする方法もあり、自宅の写真を取り入れて、本格的にシュミレーションを行う方法から、質問に答えて、すぐにカラーシミュレーションを行う方法まであるので、最も俊逸なソフトでしょう。

◆ハナコレクション(日本ペイント)の3つのデメリット

デメリット①色の選択肢が少ない
デメリット②Adobe Flashが必要
デメリット③スマホ・タブレット不可

無料のシミュレーションソフトとしては、完成度が高いハナコレクションですがデメリットはあります。もし、色に相当こだわりがある方には、色の選択肢は最初から限られているため自由ではありません。(ただし、実際の塗料の色もメーカーや種類によって限られているので、自由に色を塗れるわけではありません)。

ほとんどの方は「それなりの色」「落ち着いた色」「明るめの色」など、ざっくりとした要望をもっているので、色の多すぎる選択肢は不要だと思うので、大きなデメリットではありません。

それよりも「Adobe Flash」というソフトをPCにインストールしないとこのソフトがつかえないため、2019年現在の世の中ではインターネットではFlashを必要としないホームページが多数を占めるため、PCが詳しくない方だと、PCにインストールされているブラウザーの設定の影響でシュミレーションを行うこと自体できない可能性があります。

また、Flashが必要ということは、スマホではアクセスすることはできません。この点が一番大きなデメリットと言えます。

ツール②「iColor Paint」はiPadで気軽にシュミレーションできるアプリ

次はiPadで使用できるアプリを紹介します。手っ取り早く使い方を知りたい方は、下記の動画をご覧ください。

iPadとこのアプリが以下のように自宅を撮影して、自宅をもとにシミュレーションを行うことができます。

◆iPadで写真撮影している様子

自宅画像を以下のように取り込んで、自宅画像でカラーシミュレーションを行います。

◆iColor Paintで取り込んだ様子

また、シミュレーションに使える意図も非常に豊富なのが特徴です。

なぜなら、色は下記のように、

◆「iColor paint」用意された色

・日本塗料工業会発行の「塗料用標準色G版」
・スズカ標準色
・多彩色

などの3つから選ぶことができるため、色にこだわりがある方や、色に詳しい人がカラーシミュレーションを行っても満足させるほどの色の多さです。

◆iColorPaintの3つのデメリット

デメリット①色が豊富過ぎて選ぶのが難しい
デメリット②自宅写真がないとシミュレーションできない
デメリット③Android対応していない

iColorPaintはタブレットで使える非常に良いシミュレーションツールです。しかし、「ツール①ハナコレクション」よりも上級者向けであり、自分で豊富な色の中から選ばないといけないため、色の知識がないと結構面倒なところがあります。

また、自宅の写真がなければ、シミュレーションできないため、例えば「実家のカラーシミュレーション」を行う場合は、実家と離れている場合は、写真をすぐにとることができないなどの不便があります。また、塀が高い家や、隣の家との間隔が狭く、家の写真の全体を撮れない場合は、部分的なシミュレーションで終わってしまいます。

そしてAndroid対応していない点、iPhoneで使えない点など、デバイスでも制限がありますので、あくまでiPadをもっている方の専門ツールなのです。

ツール③「小林塗装のホームページ」は職場やスマホで気軽にシュミレーション可能!

小林塗装のホームページにアクセスするだけで、PCでもスマホでもカンタンにカラーシュミレーションを行うことができます。

小林塗装のカラーシミュレーション

写真の取り込み機能はないですが、自宅に近い形を選んで、それをもとにカラーシュミレーションを行うので、職場のPCでも、スマホでも気軽にカラーシュミレーションを行うことができます。

◆12種類の家の形から自宅に近いモノを選ぶ

非常に手軽なシュミレーションツールです。また色の種類も結構豊富ですから、色にこだわりたい方、色に詳しい方なども満足して使うことができるツールと言えます。

◆小林塗装のホームページの3つのデメリット

・自宅の写真を取り込めない
・色が豊富すぎて選びきれない
・小さなタイプの家がない

デメリットは、やはり自宅の写真はとりこめないので、シュミレーションの再現性に乏しい点でしょう。そういう意味では、先に紹介した①「ハナコレクション」、②「iColorPrint」に劣ります。また、色が豊富すぎたり、どういう色にしたらよいのかわからない方には難易度が高いでしょう。

そして、登録されている12種類の家は、大きめのものが多く、小さな家のタイプがないのも、再現性が低い原因になっていることでしょう。

しかし、小林塗装のホームページは、気軽に誰でも、いつでも、使えるカラーシュミレーションなので、その点は、一番のツールと言えます。

気に入った色があれば、印刷して塗装業者に見せよう

実際の色とシュミレーションは違う

もし、カラーシュミレーションツールで「絶対にこの配色が良い!」という色や組み合わせが決まれば、塗装業者に見せることで、スムーズになるでしょう。しかし、ここで気をつけて欲しい点は、シュミレーションはあくまでシミュレーションであるため、実際の色味や明るさに差がでることを気をつけよう。

業者のアドバイスを聞こう

また、自分はこれが良い!と思っても、業者にも色の意見を聞いてみると良いでしょう。業者は色の専門家ではないですが、いろんな住宅建物の塗装工事を行っているため、人気の色や、塗装後のお客の感想を知っているからです。

そして、忘れてはいけないのが、塗料は種類やメーカーによって用意されている色というのがあります。

色より大切なのは塗料の種類やメーカー

塗装と言うと、色ばかりに意識が集中しがちですが、まず外壁塗装の意義とは「家の寿命を延ばすこと」です。なぜなら住宅は常に紫外線や風雨にさらされており、劣化しているとからです。劣化すると、壁から水が浸入し、膨張と伸縮をしやすくなり、外壁が劣化していくのです。

まずは、住宅でもっとも標準的なシリコン塗料を使うことをこころがけ、さらには、有名メーカーのものを使うにこしたことはありません。住宅塗装で最も一般的な塗料メーカーは「エスケー化研」であり、エスケー化研の代表的なシリコン塗料は「エスケープレミアムシリコン」です。

代表的シリコン塗料:エスケープレミアムシリコン

エスケープレミアムシリコンで使う色は、上記のホームページを見れば、すぐにわかります(どの塗料であっても住宅の塗料のため落ち着いた色がほとんどです)。

業者にもカラーシュミレーションを行ってもらいましょう

業者も専用ソフトを持っており、カラーシュミレーションを行ってくれる業者もあるので、カラーシュミレーションができるかどうか、事前に相談してみましょう。

外壁塗装の基本は、相見積もりです。2社から3社に声をかけるには一括査定見積もりがカンタンで、悪徳業者に会う可能性が低い方法です。

さらに、一括査定見積もりのオペレーターに「カラーシュミレーションを行える業者を紹介してください」と事前に言えば、カラーシュミレーションを行える業者だけを紹介してくれるので、必ずそれを伝えてください。弊社イエカラーズも、チャットで気軽に外壁塗装の相談を受け付けているので、いつでもご相談くださいませ。

チャットで一括見積もり:イエカラーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イエカラーズはチャットで気軽に外壁塗装の見積もりがとれるサービスです!

イエカラーズは、チャットで気軽に外壁塗装や屋根塗装の相談ができるチャット相談サービスです。塗装業者をお探しの方向けに、2~3社の中から相見積もりのお手伝いをいたします。

 

こちらをクリック!

SNSでもご購読できます。