シーリング

これから外壁塗装を行う方が「騙されない」ために全てを徹底解説

ご自宅の外壁塗装は60~150万円もする大きなリフォーム工事となります。しかも、残念ですが、塗装業者には悪徳業者が多く、これから塗装を考えている方には不安が大きく、下記のような声がよく聞かれます。

「塗装の相場はいくらくらいなんだ?」
「変な業者に騙されたくない!」

外壁塗装を適正価格で、ちゃんと行うコツとは、素人であっても外壁の塗装の概要や工程を事前にしっかり把握しておくことです。なぜなら悪徳業者は、施主が素人であることにつけこみ、相場より高い価格の見積もりを出したり、手抜き工事をするのです。

ですから、悪徳業者を見抜くために、騙されないためにも、外壁塗装の大枠を掴んでおくことが非常に重要なのです。「そんな外壁塗装の勉強は面倒だ!」と思われるかたも安心してください。この記事を10分かけて上から下までしっかり読んでいただければ、外壁塗装の大枠をつかむことができるので、難しいことではございません。

本日はイエカラーズで営業を担当する筆者が、外壁塗装をこれから行う方向けに解説いたします。

続きを読む

【徹底解説】シーリング工事で「打ち増し」を行ってはいけない理由

「外壁のシーリングがボロボロだなぁ」
「シーリング工事って、費用はどれくらいなのか?」

自宅のシーリング工事を検討しているのではないでしょうか?シーリング工事を行う場合は「足場代」が30万円程度かかるので、外壁塗装と一緒に行い費用を減らし、さらにシーリングの寿命を長くするために、必ず「打ち替え」工事を行うようにしなくてはなりません。

特にシーリング工事において「打ち増し」と「打ち替え」を理解しておかないと、適切に工事すれば10年~15年はもつシーリングが5年程度で劣化してしまうこともあるからです。そうならないためにも、このシーリング工事の費用や工事内容をざっくりと理解しておくべきなのです。

本日はシーリング工事について、イエカラーズで営業を行っている筆者が詳しく解説いたします。

続きを読む

サイディングを外壁塗装する前に知っておくべき7つのポイント

「うちのサイディングって、そろそろ塗り直しが必要かな?」
「サイディングの塗装って、何に注意すれば良いのか?」

昨今の自宅の壁はほとんどが昔ながらの塗り壁ではなく「サイディングボード」が壁に貼り付けられているタイプの壁です。なぜサイディングが主流になったかというと、サイディングボートは工場で作ったものを壁に貼り付けるので「施工性」が高く、デザイン性が優れています。

そしてひび割れしづらく、雨や紫外線に強いという特長がありますが、そのサイディングも施工から10年も過ぎると外壁の塗り替えが必要になってきます。なぜなら、サイディングの上には塗装が施されているのですが、その塗装も10年たつと紫外線により劣化し、そこから水が浸入することがあるからです。

本日はイエカラーズで営業をしている筆者が、これから自宅のサイディングの外壁塗装を考えている方向けに、詳しく解説いたします。

続きを読む