外壁塗装

これから外壁塗装を行う方が「騙されない」ために全てを徹底解説

ご自宅の外壁塗装は60~150万円もする大きなリフォーム工事となります。しかも、残念ですが、塗装業者には悪徳業者が多く、これから塗装を考えている方には不安が大きく、下記のような声がよく聞かれます。

「塗装の相場はいくらくらいなんだ?」
「変な業者に騙されたくない!」

外壁塗装を適正価格で、ちゃんと行うコツとは、素人であっても外壁の塗装の概要や工程を事前にしっかり把握しておくことです。なぜなら悪徳業者は、施主が素人であることにつけこみ、相場より高い価格の見積もりを出したり、手抜き工事をするのです。

ですから、悪徳業者を見抜くために、騙されないためにも、外壁塗装の大枠を掴んでおくことが非常に重要なのです。「そんな外壁塗装の勉強は面倒だ!」と思われるかたも安心してください。この記事を10分かけて上から下までしっかり読んでいただければ、外壁塗装の大枠をつかむことができるので、難しいことではございません。

本日はイエカラーズで営業を担当する筆者が、外壁塗装をこれから行う方向けに解説いたします。

続きを読む

【徹底解説】シーリング工事で「打ち増し」を行ってはいけない理由

「外壁のシーリングがボロボロだなぁ」
「シーリング工事って、費用はどれくらいなのか?」

自宅のシーリング工事を検討しているのではないでしょうか?シーリング工事を行う場合は「足場代」が30万円程度かかるので、外壁塗装と一緒に行い費用を減らし、さらにシーリングの寿命を長くするために、必ず「打ち替え」工事を行うようにしなくてはなりません。

特にシーリング工事において「打ち増し」と「打ち替え」を理解しておかないと、適切に工事すれば10年~15年はもつシーリングが5年程度で劣化してしまうこともあるからです。そうならないためにも、このシーリング工事の費用や工事内容をざっくりと理解しておくべきなのです。

本日はシーリング工事について、イエカラーズで営業を行っている筆者が詳しく解説いたします。

続きを読む

プロが教える外壁塗装の「悪徳業者」が使う7つの手口を徹底解説

外壁塗装や屋根塗装、リフォームを行う業者には悪徳業者が非常に多いです。

「3年前に塗り替えたばかりなのに、塗装が剥がれてきた!」
「200万円もかかった!(80万円程度で可能だったのに)」
「営業がしつこい!怖い!」

こういった声は全国に蔓延しております。また2019年に日本を襲った台風被害。その被災地で屋根の業者が、家主に許可を取らず、勝手に屋根に登ったり、法外なお金を請求する詐欺行為が多発し、逮捕者も出ました。

参考記事:千葉県の被災地に悪徳業者と詐欺師が大集合 ビニールシートをガムテープで貼っただけで「18万円」要求

このことからも、塗装業者やリフォーム業者には詐欺行為を行う悪徳業者が多く、外壁や屋根の塗装を依頼する際は、特に注意が必要なのです。

本日はイエカラーズで営業を行っている筆者が、悪徳業者がよく使う7つの手口ついて詳しく解説するので、この記事を読んで、事前に把握し、絶対に騙されないようにしましょう。

続きを読む

外壁・屋根塗装を火災保険を使ってリニューアルする方法の全て!

外壁塗装や屋根の塗り直しには60~120万円もかかることがあるから、火災保険を適用できればと考えているのではないでしょうか?

「うちの屋根は火災保険が適用できないのか?」
「台風15号で屋根が被災した!保険は効くのか?」

火災保険で屋根や外壁の塗り直しをまかなうには、カンタンに話すと以下の3つの条件が必要になります。

・台風などの風雨により外壁や屋根が被災していること
・被害額が20万円以上であること
・保険会社の鑑定人に認定されること

本日はイエカラーズで、営業を担当している筆者が、外壁塗装の火災保険について詳しく解説します。

続きを読む

外壁塗装が「必要ない」と思うよくある5つの理由をプロが解説

「うちの外壁や屋根は、まだまだ大丈夫そうだから、外壁塗装なんて必要ない!」
「外壁塗装って、70万円もうするし、少しくらい汚くてもいらないかな?」

と、外壁塗装の必要性に関して疑問に思っているのではないでしょうか?そして外壁塗装をやるにしても、数十万円から数百万円もする大きな工事ですから、家計に大きな負担を与えます。

しかし、一見傷んでなさそうな外壁や屋根は、年月を過ぎると確実に劣化します。なぜなら最先端の高級塗料を使ったものでも、15年~20年も経てば外壁は確実に劣化します。

一般住宅用の外壁塗料であれば10年~15年程度で、塗料は劣化し、ヒビや割れが生じ、その間から水が壁に侵入し、昼夜の温度差により水が伸縮・膨張を繰り返し、外壁の劣化が進み、壁交換や屋根交換の大きな工事になれば300万円~500万円規模のリフォーム工事になってしまいます。

とはいえ、「本当に外壁塗装工事は必要なのか?」という点を掘り下げ、良くある外壁塗装が必要ないと思われる5つの理由に対してという問いに対して、イエカラーズで営業を行っている筆者が、徹底解説を行います。

続きを読む

サイディングを外壁塗装する前に知っておくべき7つのポイント

「うちのサイディングって、そろそろ塗り直しが必要かな?」
「サイディングの塗装って、何に注意すれば良いのか?」

昨今の自宅の壁はほとんどが昔ながらの塗り壁ではなく「サイディングボード」が壁に貼り付けられているタイプの壁です。なぜサイディングが主流になったかというと、サイディングボートは工場で作ったものを壁に貼り付けるので「施工性」が高く、デザイン性が優れています。

そしてひび割れしづらく、雨や紫外線に強いという特長がありますが、そのサイディングも施工から10年も過ぎると外壁の塗り替えが必要になってきます。なぜなら、サイディングの上には塗装が施されているのですが、その塗装も10年たつと紫外線により劣化し、そこから水が浸入することがあるからです。

本日はイエカラーズで営業をしている筆者が、これから自宅のサイディングの外壁塗装を考えている方向けに、詳しく解説いたします。

続きを読む

オーナーのために「アパートの外壁塗装」の全てを徹底解説

アパートのオーナーさんであれば、所有物件が古くなってくると

「見た目が汚くなってきて、空室も目立つ。。」
「屋根の雨漏りが不安だ」

とアパートの外壁や屋根の塗り替えを検討しているのではないでしょうか?外壁の劣化は、建物の耐久性にもつながりますが、入居率にもつながってくるので、オーナーには重要な問題です。アパートのような規模が大きめの外壁塗装工事では、下請けを使わない業者を選ぶのが費用を抑えるコツです。

本日はイエカラーズで営業を担当している筆者が、アパートの外壁塗装について詳しく解説いたします。

続きを読む

ビルの外壁塗装の安く高品質にするためのたった5つのポイント

築数十年が過ぎたビルの管理を管理しているオーナーや管理会社であれば、ビルの外壁塗装は費用もかかるし、どんな塗装をすれば良いのか?頭の痛い問題だと思います。

ビルの塗装費用は、小さいビルであってもざっくり300~数千万円かかります。その費用を少しでも安くすませるためには、大手のハウスメーカーに工事を依頼するのではなく、直で塗装業者に工事を依頼することで、工事費用は20~30%程度安くなることがあるからです。

しかし、一方で悪徳業者が多い業界でもありますので、事前に本日はビル塗装で重要な5つのポイントを、イエカラーズで営業を担当している筆者が詳しく解説いたします。

続きを読む

外壁塗装のリフォーム前に絶対に押さえておくべき7つのポイント

これから、外壁塗装のリフォームを行う方であれば、費用や業者のことであったり、工事期間に家の周りが足場で囲まれてしまうことなど、不安が多いのではないでしょうか?

本日は、外壁塗装前に、絶対に押さえておくべき7つのポイントをまとめました。この7つのポイントは、一般の方にはあまり情報として入ってこない、業者ならではのポイントなので、工事前にこのポイントをおけば、外壁塗装リフォームで大失敗をすることはないでしょう。

本日はイエカラ―ズで営業をしている筆者が、外壁塗装のリフォーム前に押さえておくべきの7つの注意点について解説いたします。

続きを読む

マンションの外壁塗装の7つのポイント!費用相場は300万円から

マンションの管理会社や自治会の方ならば、前回の塗装(新築)からが築10年を経過すると、積み立てているマンション修繕費を使って、外壁塗装の塗り替えを検討していかなくてはなりません。

前回お願いした塗装業者に満足しているなら、再び同じ塗装業者に依頼すれば良いでしょうが、そうではないならば、良い塗装業者を探さなくてはなりません。

マンションや公営住宅などの大きな建物の、外壁塗装で注意しなくてはならい点は、施工中の「臭い」や「洗濯物が乾かない」といった住民配慮から、昨今は温暖化が進み天候不安定なため防水機能を高めたりと、単に塗り替え後の見栄え以上のことが求められます。

そういったことに配慮できる外壁塗装業者とは「マンションなどの大型工事の経験豊富」な業者に依頼することにかかっているのです。

本日はイエカラーズで、外壁塗装の営業を担当している筆者が、マンションの外壁塗装について詳しく解説いたします。

続きを読む